JAPAN BLUE(ジャパンブルー)MADE IN JAPAN. This product is made by skilled craftsmen in Japan. 惜しみなく注ぎ込まれた“クラフトマンシップ”の数々

「静かに、美しく語りかける日本の青を本革に込めた老舗タンナーと縫製職人の想い」

「青は藍より出でて、藍より青し」
古くから日本の色として親しまれている青の色の元となった「藍色」。
この藍による染めの伝統産業が栄えた古の日本には身に纏うものから布製品にいたるまで藍の青一色に染まった時代がありました。
そして、その青は今も確実に息づいています。
海外では日本の色とされる青。 それは「藍」より生まれたものなのです。
明治に外国から招かれた科学者が日本に降り立ちその土地という土地で見られた青を『JAPAN BLUE』として世界に知らしめたほど。
そんな日本人のアイデンティティーとも言うべき青の革製品を作りたいという一心でわたしたちはようやく藍染めレザーを可能にする本場姫路の老舗タンナーとめぐり逢えました。
タンナーの100年という長い歴史と卓越した技術は100%植物タンニンなめしレザーを天然藍で染めるという困難といわれた加工を実現し革らしいエイジングが楽しめる美しい藍色の本革がここに誕生しました。
このオリジナルレザーは珠玉の東京ベルト職人の手に渡り革の持つ魅力を最大限に活かしたプロダクトの数々が生まれ、わたしたちはこれをその名の通り『JAPAN BLUE』と名付けました。

製品紹介

「天然の本藍(ほんあい)染料」 本来は革に定着しにくい本藍染料。わたしたちは本物の素材にこだわり、あえて困難といわれた植物タンニンなめしレザーの本藍染めに挑みました。

植物から抽出した状態の藍染料は紫色。これが空気に触れ酸化することで美しい青に変化します。
植物から抽出した状態の藍染料は紫色。これが空気に触れ酸化することで美しい青に変化します。
粉末状の藍染料を水に溶かし込むと深く美しい、青を超えた紺色に変化します。
粉末状の藍染料を水に溶かし込むと深く美しい、青を超えた紺色に変化します。

「自然由来の植物性オイル」 常に本物にこだわるKNOXは100%植物タンニンなめしも植物性オイルで。味わいと美しいエイジングを楽しめます。

「原皮から美しい純白の革」 染め前の通常の下地革はベージュ。藍染レザーの美しい青を実現するために専用の「純白」下地革の開発に成功しました。

「革を染める」 老舗タンナーこだわりの巨大な木製樽。この中に何十枚もの下地革を入れオイルと染料を注ぎ樽を回転させ待つこと数時間・・・

自然由来の植物性オイルと本藍染料を惜しげもなく注ぎ込みます。
自然由来の植物性オイルと本藍染料を惜しげもなく注ぎ込みます。
藍染専用の100%タンニンなめし純白下地革を投入。一度に数十枚染め上げます。
藍染専用の100%タンニンなめし純白下地革を投入。一度に数十枚染め上げます。
染まった革の残留染料を洗い落とします。
染まった革の残留染料を洗い落とします。
数時間後・・・青く輝いた藍染レザーが染め上がりました。
数時間後・・・青く輝いた藍染レザーが染め上がりました。
まだたっぷりと水分を含んだ革を丁寧に影干し。数日掛けて自然の風に晒すと、沢山の空気触れた革は自然酸化によりさらに美しい青へ。オリジナル「JAPAN BLUE」レザーの出来上がりです。
まだたっぷりと水分を含んだ革を丁寧に影干し。数日掛けて自然の風に晒すと、沢山の空気触れた革は自然酸化によりさらに美しい青へ。
オリジナル「JAPAN BLUE」レザーの出来上がりです。

「つくりのこだわり」 美しいステッチワークがこだわりのベルト職人が手掛ける繊細で風格のある佇まい。

パーツひとつひとつをどれだけ正確に型抜けるかも金型職人の技があってこそ。
パーツひとつひとつをどれだけ正確に型抜けるかも金型職人の技があってこそ。
一瞬に掛ける念引きの技。深過ぎても浅過ぎてもいけない力加減が絶妙。プロダクトの見栄えをキリッと締める額縁のような役目。
一瞬に掛ける念引きの技。深過ぎても浅過ぎてもいけない力加減が絶妙。プロダクトの見栄えをキリッと締める額縁のような役目。
ベルト職人のステッチワークは通常の皮小物職人のそれよりも繊細で美しい。
ベルト職人のステッチワークは通常の皮小物職人のそれよりも繊細で美しい。
パーツごとに漉きを入れ、薄いながらも縫製後のプロダクトに絶妙な張りを持たせるための繊細な職人技。
パーツごとに漉きを入れ、薄いながらも縫製後のプロダクトに絶妙な張りを持たせるための繊細な職人技。
マイクロチェス模様が上品で風格ある佇まい。
マイクロチェス模様が上品で風格ある佇まい。
ベルト職人だからこそ可能な美しいラインの剣先。
ベルト職人だからこそ可能な美しいラインの剣先。
しなやかでペンが出し入れしやすい適度に漉かれたペンホルダー。
しなやかでペンが出し入れしやすい適度に漉かれたペンホルダー。
内側は同じ藍染レザーのスムースタイプとマイクロチェスエンボスタイプのコンビネーションでデザインポイントを演出。
内側は同じ藍染レザーのスムースタイプとマイクロチェスエンボスタイプのコンビネーションでデザインポイントを演出。

JAPAN BLUE ジャパンブルー

選された牛皮を100%植物タンニンで1枚1枚丁寧に鞣し、これまで難しいとされていたナチュラルタンニンレザーへの天然「本藍(ほんあい)」染料による染めを独自に開発。上品なマイクロチェスエンボスは日本らしさを秘めた市松模様を連想させ、美しいブルーと相まってモダンで風格のある佇まいを演出しました。
「JAPAN BLUE(ジャパンブルー)」はknoxbrainが長年にわたり本物の素材と匠の技を追求することでたどり着いた唯一無二のレザープロダクトです。 製品紹介>>

【ジャパンブルー 革の特徴】
・お買い上げ当初は、革の本藍染色具合により濃紺から淡紺まで色の個体差がある場合があります。
・パーツや使用された革の部位によっても個体差がありますが、これは本藍染ならではの特徴です。
・お買い上げ当初は比較的濃紺ですが、使い込むにつれて濃紺から淡紺(青味)へ変化していきます。
・経年変化のスピードには個体差があります。


PAGE TOP