ABOUT

ノックスとは?

1979年、歴史ある英国ビジネススタイルへの憧憬を込めて名づけられたKNOXは、バッグブランドとして東京の南青山で産声をあげました。当時の日本ではまだ珍しかった生地と革のコンビネーション素材によるバッグで人気を博し、その後1985年には日本製として初めてのバイブルサイズのシステム手帳をリフィルまで含めてトータルで発表。常にビジネスツールの開発に真摯に取り組んできた日本ブランドです。
ビジネス=働くことは、私たちの生活を左右する根幹であり、睡眠を除く時間の大半は直接にせよ間接にせよ、そこにほとんどの時間が割かれています。
「立ち居振る舞いが荒れると、心がすさむ」。つまり、美しく機能的に働くことが出来れば、私たちの生活はきっと豊かで幸せになるのではないでしょうか。こうした観点から、KNOXではビジネスツールにフォーカスした物作りを行っています。自分の仕事を大切に考え、常に理想を目指して自分の未来をデザインする、そのような世界中のビジネスパーソンを応援したいという気持ちで、私たちは製品を企画・製作しています。
KNOXには、現在2つのプロダクトブランドがあります。創業時からのバッグに始まり、やがてはSOHOスタイルを彩るインテリアアクセサリーまでトータルで提案してきたKNOX(ノックス)。そして1985年にシステム手帳を皮切りにステーショナリーを開発し続けるknoxbrain(ノックスブレイン)があります。
西欧の歴史や伝統をリスペクトしつつ、日本人の独自の審美性を駆使して、その時々の時代性をとらえたツールをビジネスパーソンのために作り出すのがKNOXの使命。KNOXは“機能×デザイン”をテーマにあなたのビジネススタイルを美しくデザインします。

展開ブランド

KNOX

【ノックス】

創業時よりバッグを中心に、インテリアアクセサリーやシュレッダーといったアイテムまでをトータルに企画・開発してきたプロダクトブランドが“KNOX”(ノックス)です。
1979年に初めてバッグを作り始めた当時は、まだ市販の普及パーツが少ない時代で、生地、金具、テープなどのパーツを全て一からオリジナルで開発していました。また、2006年にシュレッダーを開発した際は、「インテリアとしてのシュレッダー」というコンセプトを追求し、加工が難しい天然の木材をメインパーツに使用。次の時代の新しい価値をビジネスパーソンへ提案するために、常に試行錯誤しながら素材と技術へのチャレンジを繰り返して来ました。このような半歩先行く提案にチャレンジし続けるという精神が、今もKNOXの中には脈々と生き続けています。
時代とともに私たちのビジネススタイルは移り変わります。そして、それに合わせて求められる機能やデザイン、アイテムも異なります。その時代性に常にアップデートして行くことがビジネスの成功の鍵であり、その成功を助けるビジネスツールも常に進化して行かねばなりません。
“KNOX”はこれからもビジネススタイルに機能美を求める、真の大人のためのプロダクトを追求して行きます。

製品紹介

knoxbrain

【ノックスブレイン】

1985年、システム手帳をリフィルまで含めてトータルで発売して以来、ステーショナリーのプロダクトブランドとして展開しているのが“knoxbrain”(ノックスブレイン)です。
ロゴマークの獏(バク)に込めた想いは、「悪い夢(ネガティブな心)を食べて、良い夢(ポジティブな心)を運ぶ」という意味。オンタイムもオフタイムも、過去、現在、そして未来までをも自分スタイルで管理する21世紀のビジネスチャレンジャー。その夢を運ぶパートナーでありたい、それが製品に込める私たちの願いです。
IT技術の進展が加速させる経済のグローバル化は、仕事における時間や場所の概念を大きく変化させ、フリーアドレスのビジネススタイルも珍しくない時代になりました。また、ビジネスにおいてクリエイティブと呼ばれる部分、人間の創造性といった力こそが何よりも求められる時代に突入し、仕事に対する価値観も大きく変化を遂げつつあります。
ワークライフバランスが大切と認識される一方で、オフタイムの経験を仕事に生かすことにより、遊びや趣味の中からでさえ明日の仕事のヒントを紡ぎ出すようなビジネスチャレンジャーたちも増えています。金銭的価値よりも自己実現に重きを置き、仕事に追われるのではなく自分の強い意志で夢を追いかけるビジネスパーソン。そのような方たちに向けて、“knoxbrain”は常に時代性に合わせた新しいステーショナリーを提案して行きたいと考えます。

製品紹介

ノックスの歴史

1979 KNOXブランド誕生。当時の日本ではまだ珍しかった生地と革のコンビネーション素材によるバッグを企画。百貨店を中心に販売開始。
1984 バッグを中心に革小物の品揃えを充実させ、原宿に直営店をオープン。
1985 ステーショナリーのプロダクトブランドとしてknoxbrainが誕生。
日本製としてはじめてのバイブルサイズのシステム手帳をリフィルまで含めてトータルで発表。システム手帳ブームの兆しとともに、人気を高める。
1987 システム手帳「ミニサイズ」を発売。
トラベル雑貨を編集した新店舗「Be」をオープン。(現在は営業しておりません)
1989 システム手帳市場への参入メーカーは国内で200社を越え、ブームはピークへ。
1990 導入期から成熟期に入ったシステム手帳市場において、オリジナル企画の「ナローサイズ」を発売。
ポケットに収納できるスリムなシステム手帳という新しいコンセプトをいち早く市場に紹介。
1993 ロングセラー「ピアス」シリーズのシステム手帳、革小物を発売。タンニンなめしのバッファローカーフは、「使いこむことで味わいが増す」というコンセプト。今では常識となったこの「革への愛着」という提案もいち早く発信。
2001 書斎やSOHOスタイルまでビジネスシーンを広げた発想で、デスクトップアイテムやインテリアアクセサリーのシリーズを発売。
2006 SOHOタイプのビジネススタイルをより豊かなデザインで彩るためにKNOXシュレッダー101を開発。 同年のグッドデザイン賞を受賞。
2008 ブランド創設30年。現代のビジネススタイルに合わせて新しいコンセプト“The Dream Porter”のもとに、knoxbrainの商品構成とロゴを刷新。

PAGE TOP